日曜日キャッシング

「日曜日なのにお金を引き出しておくのを忘れた!出かける予定があるのに。」誰でも経験がある週末のお金の計画ミスですが、こんな時にはどうすればよいのでしょう?もちろんコンビニATMなどを使ってすぐにお金を引き出すことも難しくありませんが、手数料が気になります。

 

また口座に残高がないという時もありますね。そんな時にはキャッシングの利用がおすすめです。お金を借りることに対して利息を支払うという点がもったいないと感じる方もいるのですが、実はお得にキャッシングを利用できる方法もあるのです。

 

キャッシングは、利用した日数分しか利息を支払う必要がありません。1日利用すればその分だけの利息、30日利用すればその利息を支払うことになります。日曜日にお金を借りて、翌日の月曜日に返してしまえば1日分の利息となります。例えば5万円を金利年率18%(カードローンなどではこの最高金利のものが多いです。)で1日だけ借りた場合の利息を計算してみましょう。5万円×0.18÷365日×1日=24円(小数点以下切り捨て)となります。これなら確実に銀行口座から引き出す時間外手数料より少ない額ですよね。

 

日曜日にキャッシングすることは、借り入れ先を選べば難しくありません。消費者金融や銀行のカードローンでは、カードローン口コミ評判を参考に日曜日や祝日なども営業している自動契約機なら見つけやすいでしょう。消費者金融の店舗では、日曜日も営業しているところもあります。

 

日曜日にキャッシングを申し込んでも借り入れする方法はありますが、週末にピンチになることが多い方なら前もってカードローン契約をしておき、借り入れ枠を作っていくという方法もおすすめです。カードローンやキャッシング商品は年会費が必要ないため、いざという時のためにカードを作っておいても費用が掛からないのです。カードを持っていれば、最寄りのATMでキャッシングをすればOKです。また消費者金融の直営ATMでは日曜日も利用手数料がかかりません。

キャッシング仮審査

キャッシングには仮審査と本審査の二つの審査があります。仮審査はサイトなどでクイック審査、簡単借り入れ診断などと書かれている少ない項目で借り入れの不可を判断するものとはまた違います。キャッシングの仮審査とはどのようなもので本審査とはどんな違いがあるのでしょうか?

 

キャッシングの仮審査は機械的に審査が行われると思ってまず間違いありません。申し込み者の年齢、職業、勤続年数、既婚か未婚、住居が持ち家か賃貸かなどをスコアシステムによってスコア化していきます。ここでは個別の状況ではなく点数化することによって貸付をするかどうかを判断します。スコアが基準値をクリアしていれば可決と決定がでますが、本審査では違う結果となる可能性もあります。

 

住宅ローンなどでは、仮審査で提出する書類があり本審査でまた違う書類を提出するといったことが多いです。キャッシングでは多くの商品は本人確認書類と、申し込みをする金額によっては収入証明書で契約をすることができます。ただし、本審査時にさらに追加で書類の提出を求められることもあります。

 

仮審査が可決になって本審査が否決になるということは少ないと考えられていますが、全くないケースとは言えません。現在の借入件数や借入額を金融機関は個人信用情報機関ですぐに確認できるものです。申し込み者が申告した額と実際の借入額に大きな開きがあった場合などは審査で否決になる可能性が高いです。

 

同様に実際よりも年収を高く書くことも信用を失ってしまう可能性の一つと考えられています。単純な記入漏れなども信用度が減る理由となることもあると言われています。キャッシングの申し込みは急いでいることが多いですから、普段ならしないような記入ミスなども起こりやすくなります。審査でどの部分を重視されるのかは申し込み者には分からない点です。どんな点が否決に繋がってしまうのかは分からないのです。細心の注意を払って記入するようにしましょう。